2017年9月24日@筑波大学セキショウフィールド

1Q 2Q 3Q 4Q T
東京工業大学 0 6 0 7 13
筑波大学 7 20 7 0 34
ハイライト動画 試合レポート 試合は筑波大学のキックから始まる。第1Q、流れを掴みたい東工大OFFENSEは筑波大DEFENSEに苦戦し思うように進むことができない。対して、東工大DEFENSEは#64DL徳田が一年生ながら果敢なタックルで魅せるも、筑波大OFFENSEに翻弄され、TDを許してしまう。PATは外れ、0-6となる。さらに、第1Q終盤には筑波大学のパントリターンで自陣ゴールライン寸前まで進められてしまう。  続く第2Q、何としても追加点を抑えたい東工大DEFENSEは#59DL近藤、#51LB久保秋らが執念のタックルを決めるも、筑波大学に追加点を決められてしまう。0-13となり、追いつきたい東工大OFFENSEであるが、筑波大DEFENSEを上手く攻略することができず攻撃権を渡してしまう。筑波大の流れを止められない。たった3プレイでTDを奪われ、気づけば0-20と最悪の展開となった。流れを止めたい東工大OFFENSE。ここで#6QB中條、#26RB片貝が意地を見せる。ひたすらランを繰り返し、二人だけでフレッシュを更新し続ける。そしてこの試合初の好機が訪れる。残り20ヤード、ランだけで進んできたOFFENSEがパスを選択。するとこのパスは…成功。#6QB中條からのパスを#83WR池田がしっかりとキャッチし、このプレイでTDを獲得し6-20とする。だが筑波大を抑えられない。さらにもう1TDをダメ押しされ、6-27で前半を終える。  勝負の第3Q、このままでは終われない。開始早々、主将#7DB松木の鋭いタックルが刺さる。これに続いてDEFENSEメンツが奮闘し、攻撃権を奪う。追加点を取りたい東工大OFFENSE。ここでQBが1年生の#16QB栗原に交代する。何本もパスが通り、流れをつかみかけるが、TDには届かない。依然として筑波の勢いを止められない。また筑波大学にTDを許し、6-34と突き放される。その後点差を縮めことができずに3Qを終える。  最終第4Q。東工大DEFENSEは新たに1年生の#53LB深水を加え、確実に一本ずつ抑え続ける。一方、東工大OFFENSEは栗原のパスを中心に攻撃を組み立てていく。残り9分となる頃に、ゴールライン目前まで攻め入るが、TDには至らない。東工大DEFENSE陣が最後の粘りを魅せる中、ついにまたOFFENSEに好機が訪れる。栗原から#4QB池田、#85WR吉村らへのパスが通り、さらに#23WR坂本への30ヤード以上のパスが決まる。80ヤード以上ボールを運ぶことに成功し、再びゴールライン目前まで迫る。最後は、#6QB中條が自ら飛び込んでTDを取りきり、13-34とする。東工大はここでオンサイドキック(キック側が自らボールをキャッチし攻撃権を得ようとするプレイ)を選択。これが成功し、再び攻撃権を得るも筑波大DEFENSEにTDを阻まれ、試合は13-34で終了する。  一度も負けられない中で、黒星を喫してしまった。全勝でBIG8昇格という目標達成は絶たれてしまったが、まだBIG8昇格という可能性は残っている。この先全勝し、何としてもBIG8昇格を果たす。