2019年 秋シーズン第六節
専修大学戦
buffs

試合詳細

11/17(日)@東京工業大学大岡山Gr

東工大 0 7 0 0 7
1Q 2Q 3Q 4Q Total
専修大 0 0 7 7 14

試合レポート

秋もたけた11月17日。
東京工業大学大岡山グラウンドにて、入れ替え戦がかかった運命の試合を迎えることとなった。透き通るような快晴の青に、試合開始のホイッスルが鳴り響く。


1Q。専修のキックにより試合開始。最初の東工大オフェンス。4th downのシチュエーションで、#4QB池田のランが専修ディフェンスを抜けて、残り20ヤードまで迫る。しかし、ここでは得点に結びつかない。一方集まりを意識したディフェンスは、その取り組みが光り、相手のボールを自陣奥までいかせない。


2Q。東工大のパントで、リターナーを即座にタックル。相手陣地のエンドゾーン手前まで陣地を回復する。そのままディフェンスがフレッシュを許さず、専修オフェンスをパントまで追い込むと、#37DB平田がパントをブロック。エンドゾーンまで残り5ヤードの位置で東工大オフェンスになる。続くオフェンスで、#18RB古瀬のランでTD。7-0でリードする。


3Q。東工大のキックにより試合再開。専修オフェンス。ラテラルパス(QBが普通にWRにパスした後、キャッチしたWRが後ろのRBにボールを渡すプレイ)でTD。7-7で同点となる。


4Q。試合終了1分30秒前。専修オフェンスのラテラルパスがもう一度決まり、TD。7-14で逆転される。そのまま試合終了となり敗北した。

ハイライト動画