2019年秋季リーグ戦 
第3戦 東京外国語大戦のお礼
 

2019年秋季リーグ戦 第3戦 東京外大戦のお礼
 バッファローズのOB・OGそして父母の皆様、いつもお世話になっております。
 また、顧問・監督・ヘッドコーチはじめコーチの方々には、日頃バッファローズのためにご尽力いただいておりますことに心から感謝申し上げます。
 秋季リーグ戦の第3戦が10月6日に東工大大岡山グラウンドで行われました。
 朝から降ったりやんだりの雨も試合開始前には上がりましたが、少し肌寒い状況での試合となりました。
 当日は今季最多の70名を超えるOB・OG・父母の方々が応援に駆けつけ、鬱陶しい天気を吹き飛ばすような熱い声援を送ってくださいました。
 試合は我がバッファローズが51対14の大差で勝利を収めましたが、対戦相手の東京外大は今年から2部に昇格した勢いのあるチームで、随所に手強さを感じさせるプレーが見られ、また1年生、2年生も多く出場し、いつもとは違う緊張感のある試合でした。
 この経験はこれからの強豪校との対戦にも活かせる事でしょう。

 次の一橋大戦は10月19日(日)東工大で14:15キックオフです。
 OB・OG・父母の皆様におかれましては、より一層の熱い応援とご支援をお願い申し上げます。

バッファローズ父母の会 会長

池田 達也

∮東京外国語大戦 観戦記 ∮

日ごと季節が変わっていくのを感じるようになってきました。
そんな日を象徴するような変わり易い天気の日曜日に東京外国語大学戦を迎えました。
外語大は今年から2部に復帰したチームです。
2連敗していますが油断は禁物です。

前半、外語大のキックオフで試合開始。
東工大、自陣40ydからのオフェンス。
先発QBは#13佐藤君。
ほぼ同じ#オプションプレーを左右に繰り返し行い、#13佐藤君又は#18古瀬君#17岩松君のランでゴール前まで進みます。
最後は#16栗原君→#88吉井君へのタッチダウンパスが決まり
7-0とします。
オプションプレー・・・QBかRBかディフェンスが来ない方がボールを持って走る。

外語大自陣70ydからのオフェンス
1回ファーストダウンを更新されるも#93于君のQBサックでパントに終わらせます。

東工大敵陣49ydからオフェンス。
#88吉井君のランプレーで大きくゲインします。
最後は#13佐藤君→#82丹羽君へのタッチダウンパスが決まり
14-0とします。

28 外語大自陣24ydからのオフェンス
3回でパントにします。

東工大自陣44ydからオフェンス。
最初のシリーズとは異なるオプションプレーを中心にゲインを重ねます。
最後はそのプレーをフェイクにした#5佐藤君へのパスで、タッチダウンを奪います。
21-0

外語大自陣5ydからのオフェンス
#51久保秋君のナイスタックル、#3青山君のナイスパスカバーで3rd down ロングにしますが、プレーコールが外れてロングゲインを許します。が、なんとか#7井上君がタックルします。
その後もランプレーでゲインされますが、#27遠山君のナイスタックルとナイスパスカバーで4th downギャンブルも失敗におわります。

そのまま21-0で前半終了します。

後半東工大のキックオフで開始
外語大25ydからオフェンス
3回でパントにします。

東工大自陣44ydからのオフェンス。
#18古瀬君のロングゲイン、
#13佐藤君→#82丹羽君へのタッチダウンパスが決まり
27-0とします。

次のキックオフでリターンを返されて、外語大自陣43ydからのオフェンス。
外語大#49へのパスが通り東工大陣に入るも、#47徳田君がQBサックを決めて
大きくロスします。
しかしランプレーを止めきれず1st down 更新。
次も外語大#49へのパスが通りゴール前へ。
最後は外語大#49のランプレーでタッチダウンを奪われます。
27-7

東工大自陣20ydからオフェンス。
#35小出君のパスキャッチ、外語大の反則で1st downを更新。
#82丹羽君のパスキャッチ、#23河合君のランプレーでゴール前まで進みます。
最後は#16栗原君→#88吉井君のパスでタッチダウン。
34-7とします。

外語大自陣36ydからのオフェンス。
外語大がファンブルしたボールを#45 林君が押さえてターンオーバーとします。

東工大敵陣19ydからオフェンス。
#13佐藤君→#21竹下君へのパスが決まってタッチダウン。
41-7とします。

外語大自陣25ydからのオフェンス。
リカバーは出来ませんでしたが#8平木君がファンブルを誘うナイスタックル、
#52田原君のロスタックルでパントにします。

東工大敵陣44ydからオフェンス。
#23河合君がOLのナイスブロックでロングゲインします。
#88吉井君がFGを決めて
44-7とします。

外語大自陣29ydからのオフェンス。
ランプレーでゲインされるも#47徳田君のQBサック、#19岸君のナイスパスカバーでゲインさせません。
が、スクランブルから外語大#49にパスが通ってそのままタッチダウン。
44-14となります。

外語大のキックオフで試合再開。
オンサイドキックを#77西君がキャッチしてそのままリターン。
敵陣16ydからのオフェンスになります。
相手の反則でゴール前まで進み、#23河合君のランでタッチダウンを奪います。
51-14

そのまま試合終了。
51-14で勝利しました。

勝ちはもちろんですが、怪我人を温存、下級生が試合を経験出来た事などこれ以上ない試合結果だと思います。
オフェンス、ディフェンス共、今回もプレーを見せる事なく終わった事も大変良かったです。

ここまで3連勝。
これで次からの3校への挑戦権を得たと思います。
ここからが本番です。

まずは一橋大学
堅守のディフェンスとQB#9が中心のオフェンスです。
一橋大学は2敗していますが
明治学院戦 9-16
専修大学戦 13-21
両試合とも3Qまでリードしていましたが逆転されての負けです。
なかなか点が入らない展開になるかも知れませんが、後半勝負になればなるほど東工大の展開です。
春は勝ちましたが、春は参考にならないのでチャレンジャーの立場は変わりません。
徐々に本気モードを出していくバッファローズを見るのが楽しみです。

次戦も会場は大岡山になります。
是非会場にて熱い声援をお願いします。

30期 西 康仁

試合写真





ハイライト動画