∮東海大戦 観戦記 ∮

東海大学戦。

前日までとは打って変わって天候に恵まれた日曜日。

東海大学高間原Grで行われました。

東海大学は昨年BIG8で4位、5月に対戦した国士舘大学よりも上位に位置する強豪校です。

結果はともかく、現状の実力を発揮して秋に繋がる試合をしてもらいたいです。

 

前半

東海大学のkickで試合開始。

 

東工大最初のオフェンス。

ラン、パスでリズム良く敵陣まで前進しますがパントで終わります。

 

東海大最初のオフェンス。

ランプレーをしっかり止めて3回の攻撃でパントにします。

が、反則により1st down更新されます。

その後パスとランで東工大陣まで進みますが、#93于君のQBサックでファンブルしたボールを#14鵜澤君が抑えてターンオーバーします。

 

東工大オフェンス。

東海大陣30ydからの攻撃。ショベルパスとパスで大きく前進しますがタッチダウンは奪えず。フィールドゴールをしっかり決めて3-0と先取点を奪います。

 

東海大学オフェンス

東海大陣30yd付近から反則で下がるもランプレーがロングゲインして1st down更新。

その後もランプレーと東工大の反則で東工大陣35ydまで前進します。

東工大はなんとか止めてパントにします。

そのパントを#37平田君がブロック!#51久保秋君がボールを抑えようとした東海大選手をナイスタックル、そのボールを#28長君が拾い上げてエンドゾーンに持ち込んでタッチダウンを奪います。これで10-0とします。

 

その両チームともディフェンスが頑張り膠着状態が続きます。

#51久保秋君#32岸野君の素晴らしいタックルが目を見張りました。

 

前半終了間際の東工大オフェンス

自陣24ydからのオフェンス。

#4池田晋君のオプションプレーで70ydの独走タッチダウンを奪います。

17-0とします。

 

前半終了

 

東工大のkickで後半開始します。

東海大はナイスリターンで45ydからのオフェンスになります。

東海大オフェンス

最初のプレーで55ydの独走タッチダウンを奪われ17-7となります。

(東海大の見事なホールディングでした)

 

その後、東工大はパントのミスでピンチを迎えますがディフェンスが頑張り

得点を与えません。

 

お互いパントを蹴りあった後の東工大オフェンス

自陣25ydからの攻撃。

パスとランを組み合わせて素晴らしいオフェンスを見せます。

最後はプレイアクションパスでタッチダウンを奪います。

24-7とします。

 

その後パントが続きますが#32岸野君のインターセプトで東工大がチャンスを掴みます。

東工大オフェンス

自陣40ydからの攻撃

ランプレーと#83池田謙君のナイスキャッチでゴール前まで進み、最後もランプレーでタッチダウンを奪います。

31-7とします。

 

東海大学の次のオフェンスでタッチダウンを奪われるも、31-13にて試合終了しました。

 

・別のチームか?と思うぐらい自信を持ってプレーしていた様に見えました。

・東工大ではあまり見ない激しいナイスタックルも見ることが出来ました。

ディフェンスラインもいいプレーを見せてもらいました。

・初めて見るオフェンスもたくさん見せてもらい楽しませてもらいました。

オフェンスラインのブロックも一番安定していました。

・東海大は控えメンバー主体でしたのでこの試合結果に関しては納得な感じです。

 

次週29日、VS桜美林大学 @アミノバイタルフィールド

昨年はBIG8で東大に次ぐ2位となり入替戦に出場するも敗退。

今年こそはTOP8昇格に燃えているでしょう。

先発メンバーか控えメンバーのどちらが出てくるか分かりませんが、いい試合を見せて欲しいです。

 

30日 VS武蔵大学 @武蔵大朝霞グランド

昨年は残念ながら3部との入替戦に出場。東京外国語大#49を止められずに敗退して3部降格となりました。決して弱いチームではありません。

(東京外国語大#49は昨年の3部リーディングラッシャーです。今年対戦します)

春シーズン最後の試合です。

勝敗はさておき良いプレーをして欲しいです。

 

2試合共、大岡山ではありませんが、ぜひ熱い声援をお願いします。

 

30期 西 康仁