春季オープン戦第1戦 一橋戦お礼

父母の会の皆様いつもお世話になっております。

待ちに待った第1戦の一橋戦は、我がバッファローズが27対22で勝利しました。

この勝利は多くの父母・OBの方々の熱い応援の賜物と感じております。

バッファローズのメンバーたちは次戦に向け、試合で見つけた新たな課題克服のために厳しい練習を重ねております。また新入生も入部し、新しい風が吹き始めています。

これからも熱戦が続きます。父母の皆様におかれましてはぜひ試合に足を運んでいただき、メンバー(子供)たちの全力の頑張りに熱い応援をいただきますようお願い申し上げます。

バッファローズ父母の会 会長

池田 達也

 

∮一橋戦 観戦記 ∮

これから1年間、30期西くんのお父様に試合の観戦記をお願いしております。以下は西さんによる一橋大戦の観戦記です。

 例年より寒さの残る春のシーズンの到来となりました。

初戦は12月シーズン終了後からの成長を確認するのも楽しみです

昨年は3位となり入替戦には出場出来ませんでしたが上位校との差は少しずつなくなってきており、今シーズンこそ入替戦への切符を掴んでもらいたいものです。

 

相手の一橋は常に1部又は2部の上位にいるチームですが昨シーズンはまさかの1勝で7位にて入替戦出場でした。今季は巻き返しを狙っているだけに手ごわい相手です。

新歓試合でもあるので是非とも新一年生の前で勝利してもらいたいと思い

観戦しました。

前半、ディフェンスが一橋オフェンスをしっかり止めてオフェンスはQB#4池田晋君を中心に攻撃し先制のタッチダウン(7点)を奪います。その後一橋に追い付かれますが東工大もTD、フィールドゴール(3点)を奪い点差を広げます。

前半途中よりQB#82丹羽君も出場。緊張感は見られますが良いプレーを見せてくれました。

 

後半は両チーム控えQBが出てきたこともあり一進一退を繰り返しますが

東工大が先にTDします。

一橋も先発QBの再登場で2TDを返すも、東工大が2FGをきっちり決めて

逃げ切ることが出来ました。

 

新入生の前で勝つことが出来、春の初戦としてはいい試合だったと思います。

秋に向けて一橋のデータ採りが出来たと思います。秋の公式戦ではそのデータを使用してどの様な試合をするのか楽しみです。

 

次週 VS国士舘

BIG8の常連校です。昨年は東海大学に負けて2部との入替戦に出場しましたが実力はかなり上だと思います。エースQBが卒業して国士舘もQB交代の年になります。フィジカルがとても強く気持ちで負けると止まりません。

 

春は勝敗に関係無く3つ視点で観戦しています。

あくまでも個人的な春のシーズンの観戦ポイントです

①キックオフカバー、パントカバー。(昨年やられました)

②ランディフェンス(パスは気にしていません。公式戦対戦相手には素晴らしいランニングバックが揃っています。)

③QB以外のランオフェンス

勝敗ではなく、上記の内容で良いプレーが出た方が秋につながると考えています。

 

 次週よりBIG8との試合が組まれています。

サイズ、パワー、スピードいずれも2部よりもかなり上の相手です

そんな相手に立ち向かっていく彼らを是非グランドで鼓舞しましょう!

 

 

父母会、OBで撮影した写真も共有させていただきます。

リンクを貼らせていただきますので是非ご覧ください!

4/20 春シーズン第一戦 一橋大学戦 上野撮影

4/20 春シーズン第一戦 一橋大学戦 井内撮影