今回は9/23(日)に行われた秋シーズン2戦 成城大戦の試合レポートをお送りします。

ついに秋の2戦目。今後勝ち進んでいくためにも、絶対に負けられない試合である。

快晴の天気の中、東工大のキックから試合開始。

最初の攻撃権を得たのは成城大。東工大は好DEFENSEをみせ、ハーフライン付近でしっかりと成城大の攻撃を抑え、OFFENCEへと繋ぐ。

悪い流れではないように思えたが、東工大OFFENCEが中々攻めこむことができず、続くDEFENSEもゴールライン付近まで何度か攻められてしまい、苦しい展開が第2Qの頭まで続く。

しかし、LB#28久保秋のファンブルリカバー(※1)や、DB#32岸野のインターセプト(※2)により何とか成城大の攻撃をしのぎ、攻守交代へ持ち込む。

続く東工大OFFENCEは、ロングゲインこそなかったが、ランプレーや相手のミスで敵陣40ヤードまでボールを進めると、QB#17岩松のランが成城大DEFENSEを抜き去りTD。先制点を決め、7-0のリードを得る。

しかしその直後、東工大DEFENSEは成城大のランプレーを止めることが出来ずに、すぐに同点に追いつかれてします。

ただ、東工大も黙っていない。東工大OFFENCEでは、QB#4池田(晋)がWR#83池田(謙)へとロングパス。パスキャッチをすると、そのまま相手DEFENSEを置き去りにして自陣37ヤードからのロングTD。14-7と追加点を決める。その後も東工大OFFENCEは順調に敵陣奥へと攻め込み、TDには至らないもののQB#4池田が着実にFG(※3)を成功させ3点追加。17-7となり、リードを広げ前半が終了する。

後半に入っても東工大の勢いは止まらない。東工大OFFENCEではQB#4池田がランで一気にロングゲインを決めると、そのまま相手ゴールラインまで攻め込み、最後はRB#18古瀬が走りTD。24-7になる。

その後、苦しくも成城大にTDを許してしまうが、TD後のFGは着実に防ぐ。24-13のリードで第3Q終了。

そして最終クオーター。LB#28久保秋がインターセプトを決め一気に敵陣40ヤード付近までボールを持っていき、その後QB#4池田がランでTD。31-13と得点差を広げていく。

しかし試合終了間際、成城大に意地をみせられ、TDとツーポイントコンバージョン(※4)を奪われ追加点を許す。試合はこのまま終了し、東工大は31-21で勝利した。

皆さま応援ありがとうございました。

この試合で出た課題を整理し、さらに強くなって次の試合、明学戦も勝利します。

応援よろしくお願いします。

(※1)キャリアが落としたボールを確保すること。

(※2)パスされたボールをDEFENSEがキャッチすること。このプレーで攻守交代となる。

(※3)3点を狙うキックのこと。2本のゴールポストの間で、クロスバーより上をボールが通ると成功。

(※4)トライ・フォー・ポイント(TD直後のプレー)では通常キックで1点を追加するが、プレーでタッチダウンの2点追加を狙うこと。